1982年以来の超皆既月食。9月27日、月が血に染まるぞ!

実はアメリカでは今この話題で持ちきり、なぜかというと恒例のスーパームーンという月が大きく見える現象と皆既月食が一緒に見れる30年に一度のチャンスなんだそうです!これ前回は1982年以来の出来事なんです。

いつ見れるかというと?

On the night of Sept. 27, 2015, a supermoon lunar ecllipse will be viewable in the night sky for those living in North and South America. Those living in Europe and Africa can view it in the early morning hours of Sept. 28. ーNASAより

北アメリカ南アメリカの方は27日の夜。
ヨーロッパアフリカ在住の方は28日の朝方だそうです。

しかし、残念ながら、日本ではスーパームーンの現象は見れても地球の自転上、皆既月食は見られないようです…ゲッ!ショック!

…はい!では改めまして、アメリカ在住の方!バンザーイ!

あれ?まだ海外生活に憧れているの?

スーパームーンってなに?

簡単にいうと、月が地球に最も近づいているんですよ。

肉眼で見る月の大きさが約14%も大きく見え、明るさも30%増すんですって!

なんか血が騒ぎますね!狼になっちゃうかもしれませんよ!あれ?毛がちょっとフサフサしてきたような…

皆既月食ってなに?

英語で言うと「ルーナーエクリプス」めっちゃカッコイイ名前なんですね。

これは恋愛関係でいうと、陽気な太陽と物静かな月の間に、地球という邪魔物が入ってる状態です。あ、分かりにくいですね。簡単に言い換えれば、太陽→地球→月の順番で一直線上に並んでいる状態です。

地球の影で太陽の光が月に届かなくなり、月が黒、又は赤っぽく見えることを言います。

このスーパームーンと皆既月食が同時に来ることを「スーパーブラッドムーン」と言う

そして今回の現状が「スーパーブラッドムーン」直訳すると超血だらけの月でしょか。グロいですね(笑)これ天文学でも有名なアメリカ航空宇宙局 (the National Aeronautics and Space Administration)で知られるNASAのページから引っ張ってきたんですが、もうちょっと綺麗な言い方はなかったんでしょうか。

英語ですが、NASAが今回のスーパーブラッドムーン現象について動画にしていましたので紹介します。

皆既月食が見れる時間帯

the eclipse will cast it into shadow beginning at 8:11 p.m. EDT. The total eclipse starts at 10:11 p.m. EDT, peaking at 10:47 p.m. EDT.

月食が始まる時間が8:11 pm EDT
完全に月食するのが10:11 pm EDT
月食のピークが10:47 EDT

EDTとはEastern Daylight Timeの略でニューヨークらへんの時間帯になります。

時間帯をチェックするにはこのサイトが便利ですよ。

https://savvytime.com/converter/edt-to-ca-los-angeles-south-africa-cape-town

とりあえず、完全月食する10:00pm EDT頃のスクリーンショットを載せておきます。

時間帯のチェック

追伸:NASAによると次回は2033年(18年後)まで見れないそうです。

詳しく知りたい方はNASAの公式ページへ(英語)

スポンサーリンク